乳酸菌の血糖値上昇抑制効果で糖尿病のリスクを減らす | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の血糖値上昇抑制効果で糖尿病のリスクを減らす

乳酸菌の血糖値上昇抑制効果で糖尿病のリスクを減らす

血糖値が高いことの危険性

 

血糖値がずっと高い状態は、身体中が砂糖漬けになっているようなものです。ブドウ糖は血管を攻撃して、ボロボロにしてしまう性質があります。さらに糖尿病の症状が悪化していくと神経までやられてしまい、神経麻痺が起きたりすることもあります。
糖尿病はそれ自体が怖いというよりも、腎障害や視力低下、末端神経がやられてしまうといった合併症が怖い病気です。
高血糖にならないようにするには、糖質の多い食品の過剰摂取をやめることが大切です。今流行りの糖質制限ダイエットも、元々は糖尿病の人向けの食事療法に使われていました。
糖質を摂取しないと血糖値がほとんど上がらないので、膵臓から脂肪を蓄えてしまう作用があるインスリンの分泌が節約されて、脂肪がつきにくくなり痩せるという仕組みです。

乳酸菌が糖尿病に効果的?

 

乳酸菌には、菌の種類に関係なく血糖値の上昇抑制効果があることがわかってきています。乳酸菌が作り出す多糖類には、食物繊維と似たような働きがあります。
食物繊維は糖の吸収のスピードをゆっくりにさせて、血糖値の急激な上昇を防ぎます。最終的には糖は吸収されてしまうのですが、吸収スピードがゆっくりになると、糖毒性という糖から受けるダメージを減らすことができるので、糖尿病の悪化が防げるというわけです。
乳酸菌の中でも、カスピ海ヨーグルトに含まれているクレモリスFC株には血糖値の上昇を抑制するのに効果的と言われています。
クレモリスFC株は、発酵の途中で多糖類のEPS(エキソポリサッカライド)を作ります。これは他の乳酸菌にはない成分で、食物繊維のように糖質の吸収を抑制します。

乳酸菌と食物繊維で効果的に糖尿病対策

 

乳酸菌も食物繊維も、どちらも糖尿病対策には効果が期待できます。
乳酸菌が含まれている食品はヨーグルト以外に思い浮かばないかもしれませんが、納豆など食物繊維を含んでいる食べ物もあります。味噌や醤油、日本酒やワインにも含まれています。
糖尿病対策には糖質の過剰摂取をやめることがまず第一に必要ですが、さらに対策するなら乳酸菌を摂取して糖毒性を弱めてあげるといいでしょう。
乳酸菌はヨーグルトなどから摂取する他に、サプリで摂取してもいいです。ヨーグルトジュースのように飲めるような味に整えてあるものもあります。
各社から様々な製品が販売されていますが、大切なのは続けて摂取することです。だいたい2週間くらいは継続して摂取してみて、効果が出るかどうか試してみましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.