乳酸菌の摂取で期待できるうつ病への効果とはどんなもの? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の摂取で期待できるうつ病への効果とはどんなもの?

乳酸菌の摂取で期待できるうつ病への効果とはどんなもの?

うつ病の原因は腸にある?

 

うつと腸は全く関係がなさそうですが、実は密接な関わりがあります。例えばテストの前にお腹の調子が悪くなるという人は多いですが、これは腸と心が関係しているからです。
過敏性大腸症候群を患う人には、うつ病などの精神疾患にもかかっている人が多いとも言われています。
うつの原因になるのが、脳内の神経伝達物質のセロトニンが不足することです。セロトニンはリラックスさせる作用があるホルモンで、不足すると神経細胞間の情報伝達がうまくいかなくなり、無気力になったり、落ち込んだり、イライラしやすくなります。
他にもドーパミンはやる気を感じさせるホルモンですが、腸と大きく関わっているのはセロトニンです。
セロトニンは脳内に2%、腸内に90%の割合で存在していて、腸内環境が悪くなると脳のセロトニンが減ってしまいます。

 

乳酸菌のうつに対する効果とは

 

腸内環境が悪い状態では、脳内のセロトニンが不足してうつのリスクが高くなります。これに対して、腸内環境を整えることで予防、改善効果が期待できるのではないかと考えられています。
それに役立つのが、乳酸菌です。乳酸菌は腸内にある善玉菌の一種で、腐敗ではなく発酵によって腸を刺激する働きがあります。
腸はストレスが溜まると働きが鈍くなるのですが、ここで乳酸菌を摂取すると、ストレスホルモンが抑制されたという実験結果もあります。
乳酸菌発酵乳のような乳酸菌を含むものを摂取することで、ストレスホルモンであるコルチゾールの値が減少したということです。コルチゾールはカルシウムの吸収を妨げてしまうホルモンでもあるので、乳酸菌を摂取してコルチゾールを減らすことでカルシウム不足によるイライラの対策ができます。

 

乳酸菌の効果が出やすいのは?

 

乳酸菌をうつ予防のために摂取するならば、ヨーグルトを食べるようにするといいでしょう。イライラを防止するカルシウムも含まれているからです。
ただし、ヨーグルトが苦手な人や、もっと簡単に乳酸菌の効果を得たいという人は、乳酸菌サプリなどを利用するといいでしょう。
たくさんのメーカーから販売されていて、健康維持や美容目的のために使えます。
セロトニンの合成のために必要な栄養素には、ビタミンB6や葉酸がありますが、これだけを摂取しても腸内細菌が働いてくれないとセロトニンの量が増えていきません。
脳内のセロトニンを増やすためには、腸内環境を整えることが第一に必要です。サプリは飲んですぐに効果が出るわけではないので、継続して使いやすいコストパフォーマンスの良いものを選びましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.