腸内だけでなく目の健康にも効果がある?緑内障対策にも有効な乳酸菌 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 腸内だけでなく目の健康にも効果がある?緑内障対策にも有効な乳酸菌

腸内だけでなく目の健康にも効果がある?緑内障対策にも有効な乳酸菌

乳酸菌が腸へ、そして体内へ及ぼす効果

乳酸菌は腸内環境を整理するだけでなく、さまざまな効果・効能があるとされ、その効果が見直されています。中でも、得られる効果の中で「免疫力の上昇」は特に高いメリットとして評価されています。
腸内に棲む細菌の数は100種類を超えるといわれ、その中でも善玉菌の代表的な部類にあたる乳酸菌。「悪玉菌をはびこらせない=腸内はもちろん体内の健康を維持する」ためにも、乳酸菌を摂取する必要があるのですが、実はこういった善玉菌の数を増やすことで、お腹を壊しにくくなる・病気にかかりにくくなる、という効果の先に、目に良い・緑内障対策になるという点もあり、見逃せません。腸の機能を整え、不要物・有害物質を効率よく吐き出させるためにも、乳酸菌は非常に重要な役割を担っています。

乳酸菌を緑内障治療に使うのはなぜ?

本来、目の症状・緑内障の治療法とは、目の眼圧を下げるというのがもっとも適切な方法とされていました。しかし、点眼(目の眼圧を下げる)だけでは、治療はできても視野の欠損は進行してしまう恐れが非常に高いのです。医師がその治療しか行っていないのは、未だ目の症状・緑内障の根本的な原因が解明されていないから。治療の上で「眼圧が低い=目に良い」というのが判明しているので、医学的な見地ではそこが限界なのです。
そのため、他の改善方法も一緒に実施する必要があります。しかし、それは個人の身体・体質によって原因や改善法が異なります。ただ、不明な点ばかりではありません。いくら体質によるもの、といっても目に効く、緑内障に効くものがあります。それが、ヨーグルトなどに含まれる、乳酸菌を摂取する、ということです。

効果的な乳酸菌の摂取方法について

乳酸菌のように、人体に有益な働きをする微生物のことを「プロバイオティクス」と呼びます。近年、このプロバイオティクスを用いた健康法・治療法が注目を集めており、さまざまな分野でその効果を発揮しています。代謝を上昇させ、免疫力向上させて、さらに全身の血流を改善すれば、目の周辺の血行も良くなり、十分な栄養が行き届き、視神経が強化され、緑内障対策につながるというわけです。
乳酸菌を摂取する上で有効なのは、やはりヨーグルトでしょう。それも、生きて腸まで辿り着く乳酸菌が配合されている製品を選ぶと良いです。(乳酸菌には、酸素に触れると死滅するものもあるため。)1日の目安量としては、ヨーグルトで約100g。さらに効果を高めるなら、果物に含まれている食物繊維・オリゴ糖が善玉菌のエサとなるため、ぜひ果物とヨーグルトの組み合わせで摂取してください。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.