アルツハイマー病などの脳の病気に対する乳酸菌の効果 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > アルツハイマー病などの脳の病気に対する乳酸菌の効果

アルツハイマー病などの脳の病気に対する乳酸菌の効果

脳の病気に乳酸菌が効果を発揮する?

アルツハイマー病を発症すると、家族の顔すらわからなくなったり、今まで当たり前にできていたことができなくなります。アルツハイマー病は脳の萎縮が原因と考えられて、今までは脳の治療だけに目がいっていました。
しかし、最近では脳と腸内環境に関係があることがわかっています。そのことから、乳酸菌などの善玉菌の摂取によって腸内環境を整えることで、脳の病気の予防や改善につながるのではないかと考えられています。
腸の場外が不安定になって脳にストレスがかかると、脳が浮腫んだりほてったりして、血行不良などの症状が現れます。これが徐々に脳萎縮を引き起こすのではないかとも言われています。
また、パーキンソン病についてもドーパミンホルモンが不足することが原因と考えられており、これにも腸が関わっています。

乳酸菌でホルモンを増やして対策

アルツハイマー病ではセロトニンの減少、パーキンソン病ではドーパミンの減少が起きていることが多いです。
セロトニンは心を落ち着ける作用があり、ドーパミンはやる気を高めるのに関わっているホルモンです。パーキンソン病の原因ははっきりわかっていませんが、ドーパミンが不足することで手足の震えや硬直が起こると言われています。
こういったホルモンは、実は腸内に多く存在しています。もし乳酸菌などの善玉菌が少なくなると、悪玉菌が強くなって腸内環境が悪くなります。すると脳に届けられるホルモンの量も少なくなってしまうので、結果的にアルツハイマー病やパーキンソン病のリスクが高くなるということです。
逆に言えば、乳酸菌を摂取することでこういった病気のリスクを抑える効果が期待できる可能性があります。

乳酸菌の効果を高めるための摂取方法

乳酸菌が病気対策に良いのはわかりましたが、大切なのはバランスよく摂取することです。腸内細菌が集まってできているのが腸内フローラですが、この腸内フローラは一人一人違います。同じ指紋が存在しないように、腸内フローラもひとつとして同じものはありません。
どのような組成になっているかは良くわかりませんが、腸内環境を整えるためには色々な乳酸菌をバランスよく摂取した方がいいです。自分の腸にあった乳酸菌であれば、効果がより高くなります。
自分にあった乳酸菌かどうかを見極めるには、機能性ヨーグルトであれば同じヨーグルトを食べてみて、便の状態がよくなっているかを調べて見るといいです。だいたい2週間くらいを目安にして効果を確かめてみて、合っていないようなら他にも試してみましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.