乳酸菌には虫歯を予防する効果があるって知ってましたか? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌には虫歯を予防する効果があるって知ってましたか?

乳酸菌には虫歯を予防する効果があるって知ってましたか?

知らないと損!?乳酸菌のすごい効果

乳酸菌のもつ凄いパワーが注目を浴びています。お馴染みのお通じの改善はもとより、うつ症状や月経前症候群(PMS)の改善、不眠症改善、高血圧予防、大腸がん予防など、乳酸菌はもう摂らない手はないといった状況なのです。そしてなんと虫歯の予防にも効果があるというから驚きです。
ヨーグルトで歯を磨く方法なども紹介されています。ヨーグルト歯磨きには現在、賛否両論がありますが、特定の乳酸菌が虫歯菌や歯周病菌を死滅させる効果はホンモノです。
虫歯菌はミュータンス菌と呼ばれ、もともと口の中にいるわけではなく子供の頃に誰かから移されて保有している割合が高いです。糖を分解して乳酸を作り出す菌のことを乳酸菌と呼びますが、ミュータンス菌も乳酸を作り出すため、乳酸菌の仲間と言えるでしょう。

ミュータンス菌が虫歯をつくるしくみ

ミュータンス菌と一般の乳酸菌の違いはなんでしょうか。
一般の乳酸菌は乳酸を作って口内を酸性にすることで、病原菌からの感染を防ぐ役割を持ちます。乳酸菌は酸性の環境では住めなくなり代謝をやめるので歯を溶かすことはありません。しかしミュータンス菌は不して集まった細菌によって歯が腐食し虫歯が進行します。
特定の乳酸菌には、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑制したり死滅させる働きがあることが明らかになってき溶性グルカンという物質を出して歯に付着し他の細菌を集めて増殖します。しかも抗菌剤や唾液による自浄作用から細菌の繁殖を守る働きを持ちます。こうています。これまでの歯磨きは、口内の菌を良いも悪いも区別せずに洗い流すことに重点を置いていましたが、ヨーグルト歯磨きに代表される方法は、よい働きをする菌を増やして悪玉菌を抑制しようという考え方の転換なのです。

虫歯菌と戦う乳酸菌の種類

「LS1」唾液の中に存在し口内で活躍する乳酸菌です。発生する乳酸菌によって歯周病菌を死滅させ、不溶性グルカンの生産を押さえる働きがあることで虫歯の予防効果が期待できます。
「L8020」健康な子供の口内から発見された菌で、この菌を含むヨーグルトを食べ続ける実験ではミュータンス菌が口内から8割以上減少するという結果が出ました。実験室レベルだと99.9%の虫歯菌が死滅するデータが出ており、大変期待の高い乳酸菌です。
「WB21」健康な人の体内から見つかった善玉菌です。バリヤー機能によって口の中だけでなく胃や腸を守っています。口内の悪玉菌を抑制する効果が期待されています。
「ロイテリ菌」母乳から発見された乳酸菌です。病原性大腸菌O157などの殺菌効果のあることでも知られています。ロイテリ菌を含むヨーグルトを食べ続ける実験で虫歯菌が減少することが確認されています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.