二日酔い防止にも効果あり?乳酸菌とアルコールの関係 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 二日酔い防止にも効果あり?乳酸菌とアルコールの関係

二日酔い防止にも効果あり?乳酸菌とアルコールの関係

乳酸菌は二日酔いの予防にも役立つ?

腸内環境のバランスを整えることで、美容や健康などさまざまな効果が得られるということが分かってから再び注目されている乳酸菌は、かなり万能な効果があります。便秘や下痢の解消はもちろんですが、免疫力の向上やアレルギー症状の緩和、美肌などさまざまなことに効果を発揮します。
なかでもあまり知られていないのがアルコールとの関係です。アルコールを飲む上で気になるのが二日酔いです。お酒を飲んでいるときには楽しいので、どんどん飲んでしまいますが、飲み過ぎると翌日に頭痛や吐き気などのつらい症状に見舞われることがあります。乳酸菌はこの辛い二日酔いの症状の予防にも効果的だと言われています。
乳酸菌が二日酔いの予防にも役立つと言われているのはどのような理由からなのでしょうか。

二日酔いはなぜ起こるのか?

アルコールを摂取すると、胃や腸に炎症を起こしたり傷つけてしまうため、胃腸の働きが低下し、栄養素の吸収を妨げます。ビタミン類や、ナトリウム、カリウム、糖分、カルシウムなどの栄養素が不足するとアルコールの分解スピードが低下するため、体のだるさや頭痛、吐き気、食欲不振などの症状を起こしやすくなるのです。
普段から食生活が乱れていて腸内に悪玉菌が多いと、ただでえ胃腸の働きが低下してしまっています。また、体内に有害物質が多くなっているため、肝臓にも負担がかかってしままいます。そんな状態でお酒を飲むと、アルコールの分解能力がさらに低くなり、二日酔いがひどくなってしまうのです。
二日酔いの予防ためには、普段から乳酸菌を摂取して腸内環境を良好に保っておく必要があります。

乳酸菌が二日酔い防止に効果的な理由

shutterstock_279083561

乳酸菌を多く摂取して、腸内に善玉菌が多くなると、善玉菌によって作りだされる乳酸によって腸内は弱酸性に保たれるようになります。
弱酸性の環境は善玉菌には住みやすく、悪玉菌には住みにくい環境なので、理想的な腸内環境を保つことができるのです。悪玉菌が減ると有害物質も減り、胃腸や肝臓に負担がかからなくなってくるので、アルコールを分解するのに必要な栄養素をきちんと吸収することができます。肝機能もしっかりと働くので、アルコールの分解能力もアップし、二日酔い防止に役立ちます。
二日酔いをせずに楽しくお酒を飲むには、普段から乳酸菌を意識して摂ることで腸内環境を良好に保つことが大切です。朝の乳酸菌ドリンクやヨーグルト、納豆などを習慣にして、乳酸菌を積極的に摂るようにしましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.