乳酸菌にはどんな効果がある?睡眠不足の人にもおすすめ! | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌にはどんな効果がある?睡眠不足の人にもおすすめ!

乳酸菌にはどんな効果がある?睡眠不足の人にもおすすめ!

乳酸菌とはどんな菌?

shutterstock_408553258

乳酸菌とは、糖を利用して乳酸などの酸を作り出す細菌の総称です。人間の体内にはビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌などの善玉菌が存在します。腸内の有用菌を増やし、腸の運動を促進し、有害菌の増殖を抑える働きがあります。
乳酸菌は体内で1週間ほどしか生きることができないため、毎日積極的に摂取することが望ましいです。ストレスや飲酒、老化などによっても腸内の善玉菌は減ってしまいます。
乳酸菌を摂取する方法としては、発酵乳であるヨーグルトやチーズ、バターなどから摂取できます。発酵乳以外からは漬物、味噌、醤油からも摂取可能です。
善玉菌の餌となる、オリゴ糖や食物繊維などと一緒に摂取すると、善玉菌を増殖させることができるので、腸内環境を整えるのにより効果的です。

乳酸菌が睡眠に効果がある理由

睡眠に欠かせないものにセロトニンという物質があります。セロトニンは目覚めから日中にかけて分泌される、三大神経伝達物質の1つです。精神を安定させる役割があり、不足すると睡眠の質が低下します。
このセロトニンは90%は小腸に存在しています。セロトニンが脳までうまく運ばれるかどうかは、腸内細菌にかかっています。その為、腸内の乳酸菌はセロトニン分泌と深いかかわりがあります。
また、うつ病はセロトニンの不足が原因であるといわれ、腸内環境の悪化は、自律神経を乱し、ストレス耐性を下げます。ストレスを感じると睡眠にも影響を及ぼします。セロトニンの分泌が正常になれば、ストレスを軽減し、リラックスすることができるため、睡眠障害にも効果があります。
以上のことから、乳酸菌を積極的に摂取して腸内環境を整えることは睡眠改善にとても効果的です。

不眠症改善に注目されている乳酸菌とは?

shutterstock_292934846

睡眠改善に効果的な乳酸菌として、注目を集めているのがSBL88乳酸菌です。SBL88乳酸菌は、ビールの原料の大麦由来の植物性乳酸菌で、生きて腸まで届くことができるのが特徴です。睡眠障害を引き起こしたマウスによって実験が行われ、この菌を摂取したマウスは、深い睡眠を継続してとる時間が増加したといいます。
それだけでなく、起きているときの活動量も増加するという結果となりました。さらに、マウスの睡眠障害マーカー遺伝子が抑制され、遺伝子レベルで改善する効果がある乳酸菌であるといわれています。
実際に40~60代の男性が、10日間摂取する実験も行われ、スッキリ目覚めることができたと感じた人が多いという結果となりました。特に不眠傾向にある人に効果的だったことから、不眠症の人の生活リズムを改善する働きがあるといわれています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.