乳酸菌は筋肉をつける効果を期待できるもので乳酸とは違いがある | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌は筋肉をつける効果を期待できるもので乳酸とは違いがある

乳酸菌は筋肉をつける効果を期待できるもので乳酸とは違いがある

乳酸菌は健康な身体作りに役立つ

shutterstock_376174090

ヨーグルトやサプリで乳酸菌を摂取すると、悪玉菌の苦手な酸性の環境を作って、善玉菌を増やすことがわかっています。乳酸菌が体内に入ると胃で分解され、腸内で善玉菌の増殖を促したり、腸内にある免疫組織を刺激できるので、免疫力を高める効果を期待できます。風邪やインフルエンザなどのウイルスに負けない体にしたり、アレルギー体質やアトピー性皮膚炎の予防や、症状を緩和したいときに役立ちます。
お腹の調子が良くなり、お通じが定期的に来るようになるので、湿疹や吹き出物などを予防したり、高血圧などの生活習慣病の対策や、癌予防の効果もあるといわれています。
健康な身体を作るのには、腸内の菌のバランスを正常に保つことが必要で、筋肉をつけたいときにも乳酸菌がサポートしてくれますから、普段から積極的に摂取するようにしましょう。

乳酸菌と乳酸との違いは何か

shutterstock_359568020

乳酸菌と、激しい運動をしたときに体内に溜まる乳酸には違いがあります。乳酸はグリコーゲンやブドウ糖などのエネルギー源が分解されてしまう際に発生するもので、代謝機能に影響し、疲労や筋肉痛などの原因となるといわれていました。
しかし近年では、体を動かしたときに溜まった乳酸は、疲労物質ではないと考えられるようになっています。トレーニング中に発生する乳酸は糖などに変化し、運動エネルギーになったり、筋肉の疲労を軽減する物質としての効果が見直されています。乳酸が発生したことにより、疲れや筋肉痛が起こるわけではないですし、体内に溜まった乳酸と、ヨーグルトなどの乳酸菌摂取により摂り入れた乳酸は、働きも性質もまったく違うものになります。
乳酸菌を体内に摂り入れても、疲労物質が作られることはないので、安心して摂取するようにしてください。

腸内環境を整える効果のある乳酸菌

shutterstock_513613633

筋トレで引き締まった体を目指したり、筋肉の修復をしたいときにはタンパク質が必要なので、プロテインを飲む人が少なくありません。
しかしプロテインだけに頼っていると、腸内環境が悪化し、消化吸収の効率は低下しますから、乳酸菌も一緒に摂るようにしてください。腸内環境が悪くなると、有害物質が全身に巡り、代謝機能が衰えるため、太りやすく痩せにくい体質になります。
ダイエットのために食事制限を行い、栄養が偏ったりすると、腸内環境を悪化させる原因となるので、プロテインを摂っても、栄養がきちんと吸収されず、効果があらわれにくくなります。
吸収率を高めるためには、腸が健康でなければならないので、筋肉をつけたい人はまず腸内環境を正常化するため、定期的に乳酸菌を摂取するようにしましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.