乳酸菌がウイルスに効果を示すとはどのようなことなのか。 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌がウイルスに効果を示すとはどのようなことなのか。

乳酸菌がウイルスに効果を示すとはどのようなことなのか。

乳酸菌とはどんなものがあるのか

shutterstock_534389254

乳酸菌と言うと、おなかの調子を整えると思い描く方が多いのではないでしょうか。腸内環境を整えて、善玉菌を増やすので大腸がんのリスクを下げてくれます。
実はそのほかにも免疫力を高める効果もあり、ウィルスや細菌、また体内から発生するがんなどから、身を守るのが免疫なので、それが高まれば風邪や、ガンから身を守ることも可能なのです。インフルエンザウイルスが流行る秋から冬の時期は特に免疫力を高めたいところです。
そのほかかゆみがひどく夜も眠れないアトピーや花粉症などによるくしゃみ鼻水のアレルギー疾患や高血圧や高脂血症の改善にも良いと言われています。
また口臭予防にも効果があると言われており、乳酸菌は簡単に体を守ることができる優れものの食べ物なので、ぜひ取り入れたいものです。

乳酸菌の種類はどんなものがあるのか

shutterstock_298272557

乳酸菌と言っても色々な種類の乳酸菌があります。
乳酸菌シロタ株は生きたまま腸内に届くので、ビフィズス菌を増やして腸内の環境をよくします。KW乳酸菌はアレルギーの改善や免疫力のアップに効果的です。
プラズマやモラック乳酸菌は風邪やインフルエンザウイルスに強い体を作ります。LG21乳酸菌はピロリ菌の活動を抑えるのに効果を示します。L92やフェカリス菌はアトピーや花粉症に効果があります。
一言に乳酸菌と言っても色々な種類の乳酸菌があるのです。特徴となる効果があるので、ヨーグルトなどを購入するときは、どの菌が多く含まれているのかを見て、自分の必要な乳酸菌の種類を選ぶとより良い効果が期待できるのではないでしょうか。特に意識しないでいても、いろいろな効果が得られるので習慣として毎日とると健康維持につながるでしょう。

どのようにするとウイルスに負けないのか?

shutterstock_435845188

私たちの腸の中には善玉菌と悪玉菌が存在します。悪玉菌が多く存在する腸内は、免疫力が低いためにウイルスに負けてしまったりと体に様々な悪い影響をもたらしますので、いかに腸内で善玉菌を増やすかが重要となります。
善玉菌が多い腸内は免疫細胞を大量に作り出すことができます。悪玉菌よりも善玉菌が腸内に多く存在するようにするには、毎日欠かさずに食べ続けることが重要なのです。
どのような食べ物に多く含まれるのかと言うと、まずは乳製品ヨーグルトやチーズなどの乳製品です。チーズは加熱処理されていないナチュラルチーズが良いです。
発酵食品では味噌やキムチぬか漬け、塩麴などが多く含まれます。味噌汁を毎日飲むのも良いです。善玉菌をやっつける効果がある納豆も取り入れると、ウイルスに負けない免疫力の高い体を作る助けになる事でしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.